石川県異業種交流協同組合|石川県の技能実習生受入の監理団体

受入企業の現地での採用の同行・サポートから、日本国内での日本語教育、生活指導、各種手続き代行、トラブル対応等、受入企業の実習生受入れに必要な環境づくりを全面的に支援しています。

ホーム ≫ 制度の仕組み・流れ ≫

制度の仕組み・流れ

外国人技能実習制度とは

指導

外国人技能実習制度は、開発途上地域等の青壮年に技能、技術、知識を習得してもらい、帰国後その経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とする制度です。
この制度は、平成28年11月に制定、平成29年11月に施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(技能実習法)に基づいて実施されています。

石川県異業種交流協同組合では、この法律に従って監理団体として重要な役割を担うことを自覚し、受入企業と共に技能実習の適正な実施と技能実習生の保護に努めています。

※外国人技能実習制度について…外国人技能実習機構(OTIT)

https://www.otit.go.jp/

※石川県異業種交流協同組の受入可能業種について

https://www.otit.go.jp/search_kanri/

入国までの流れ

石川県異業種交流協同組合は、中国の送出機関と協力し、「第一次受入れ機関」として技能実習生受入れ事業の責任を持って活動します。
そして、「第二次受入れ機関」である各受入企業に技能実習生を配属します。

受入までの流れ
関連図

関連する公共機関

送出機関について

送出機関は、日本国外で技能実習生の募集・選抜・推薦、渡航前の事前講習を行い、技能実習への求職の申込を監理団体に取り次ぐ機関です。
石川県異業種交流協同組合では、中国の政府認定を受けた送出機関と協定を結んでいます。現地では、日本語を中心に習慣・技術等の事前研修を積極的に実施しています。
送出機関の実習生候補者は、勤勉率直、ハングリー精神に満ち溢れ、責任感が強い人が多いことが特徴です。
また、ルールをきちんと守ることが徹底されています。就労経験を持つ実習生候補者は、入国後、即戦力となりうるようにしっかりと学んでいます。

石川県異業種交流協同組合

〒921-8051 石川県金沢市黒田一丁目276番地1

TEL 076-227-9991
FAX 076-214-3244

営業時間 8:30~17:30
定休日 土曜・日曜・祝日

組合概要


モバイルサイト

石川県異業種交流協同組合スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら